研究成果報告

2014年12月02日第34回日本看護科学学会学術集会(in名古屋)研究成果報告

11月29日~30日に名古屋で行われた第34回日本看護科学学会学術集会で研究成果を報告しました。
8月の地域看護学会で報告したデータの分析をすすめて、学生は地区診断をどのような学ぶのか、について構造化を試みました。
この演題に興味を持って会場を訪れてくださった方や看護大学における公衆衛生看護学はどうなるのかについて質問された出版社の方と有意義な意見交換をすることができました。学びの構造化をもとに、評価ツール案の完成を目指します。
当日発表ポスターはこちら。
ポスターH26日本看護科学学会牛尾科研

ページトップへ