研究成果報告

2014年10月15日米国ミネソタ州ヘンリーストリートコンソーシアム訪問

米国の大学での公衆衛生看護の教育と実習における大学と実習施設との共同の取り組みを知るため、9月18日から24日にかけて米国を訪問しました。Public Health Nursingの記事から興味をもち、ミネソタ州の大学教員と保健師とで組織しているヘンリーストリートコンソーシアムについて話を聞きたいと考え、Bethel大学のSchaffer教授にメールをしたところ、快く受け入れてくださり、ちょうどその期間中に開催されたコンソーシアムミーティングに参加することができました。ミーティングでは、日本の保健師や本学の地域看護実習を紹介する時間をいただき、みなさんとても興味深く熱心に聞いてくださいました。今後我々が計画している研究プロジェクトで今後も連携していくことを、Schaffer教授らとお約束しました。また、その後サンフランシスコに移動し、サミュエルメリット大学でも地域看護教育についてお話を伺いました。そして学部生の地域看護学授業の中で、日本の災害看護について少しお話ししました。
ミネアポリスは、ミシシッピ川を利用して、昔は大きな製粉工場があったそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
授業を受けた学生たちと
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ページトップへ