研究成果報告

2016年06月09日但馬地域看護プロジェクト「中山間地域における予防を強化した訪問看護提供モデルの開発」

平成25年度から取り組んでいる但馬地域に着目した訪問看護を拠点とする看護プロジェクトです。大学からの助成金が平成26年度で打ち切られましたが、様々な工面をして継続しています。平成27年度は県の大学連携による地域力向上事業費で、第二回但馬地域看護職連携研修を開催しました。さらに、平成27年度ファイザーヘルスリサーチより助成を得て「中山間地域における予防を強化した訪問看護提供モデルの開発」研究に取り組んでいます。プロジェクトメンバーは以下の通りです。

兵庫県立大学看護学部 牛尾 裕子、山本 大祐(地域看護学)李 錦純(在宅看護学)森 菊子(成人看護学)増野 園恵(組織看護学)

兵庫県立大学・シミュレーション学研究科 木村 真、嘉悦大学・ビジネス創造学部 真鍋 雅史

公立浜坂病院 細川 裕平、公立八鹿病院南但訪問看護センター  太田 都

 

 

ページトップへ