研究成果報告

2017年05月24日ハワイ大が主催する学会で報告しました

ハワイ大が主催する太平洋の島々のナース達の学会(The Asian American Pacific Islander Nurses  Association’s 14th Annual Conference 通称 AAPINA)において、ファイザーヘルスリサーチの助成を受けた「中山間地域における予防を強化した訪問看護提供モデルの開発」の研究成果の一部を報告しました。アメリカで訪問看護のアウトカム評価ツールの情報を得たかったのですが、残念ながら目新しい情報はなく、しかしハワイの看護大の先生などが興味を示してくださり質問を受けました。この研究を地道に発展させ、日本発但馬発のモデルを発信していきます。

 

懇親会 発表1

夜は民族衣装の着用が義務付けられた懇親会がありました。参加国の踊りが披露され、多文化社会の魅力を満喫しました!!

ページトップへ