研究成果報告

2018年06月25日地域/公衆衛生看護演習デザインワークショップ申込受付中

現在、日本学術振興会科学研究費助成(基盤研究C)を受けて、「『コミュニティに焦点を当てた看護』教授-学習モデルの開発」に取り組んでいます。この度以下のようにワークショップを企画いたしました。このワークショップでは、地域アセスメント演習の解答例を用いてパフォーマンス評価(看護の演習や実習など、ある特定の状況を設定した課題における、学習者自身の作品やレポート等を評価する方法)のグループワークに取り組み、これを通して地域/公衆衛生看護の演習デザインのあり方を考えます。

ワークショップ終了後、本研究班で開発したモデルの妥当性有用性について意見をいただく無記名アンケートを配布し、ご協力をお願いします。このアンケートへの協力は自由な意志でお決めいただけます。回収箱は会場の外に設置しておりますので、アンケートの協力のみ拒否することも可能です。

日時 平成30年7月31日(火) 13:30-16:00

場所 新大阪丸ビル 本館5階510号室(JR新大阪駅 東口から徒歩2分)

申込期限 平成30年7月20日(金)

参加費 無料

大学で地域/公衆衛生看護学の演習を担当しておられる先生方(助教・講師・准教授・教授含む)のご参加をお待ちしております。お申し込みはこちらまで。

なお、定員15名を超えた場合お断りする場合がございます。


地域/公衆衛生看護演習デザインワークショップ7/31お申込み

ページトップへ