トピックス

2018年01月22日「熟達保健師に学ぶ 『継続的地域アセスメントモデル』の提案」 ワークショップを開催します

「地域アセスメントが大事だとはわかっているのに、出来ない。」そんな思いを持っていませんか?
当研究班では、熟達した保健師が実践に並行して継続的に取り組んでいる地域アセスメントのモデル化と新任・中堅期の保健師向けの教材化に取り組んできました。
この度、研究成果である「続的地域アセスメントモデル」をご提案するワークショップを下記のとおり開催します。
どうぞふるってご参加ください。

【大阪会場】
日時: 2018年 3月 3日(土)  14:00-16:00
場所: サムティフェイム新大阪 ホール3
大阪市淀川区西中島6-5-3
■JR新大阪駅から徒歩9分
■地下鉄御堂筋線西中島南方駅から徒歩4分

【東京会場】
日時: 2018年 3月 4日(日)  14:00-16:00
場所: オフィス東京 L2会議室
東京都中央区京橋1-6-8 コルマ京橋ビル
■JR「東京」駅 八重洲口より 徒歩5分
■東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口より 徒歩3分
■都営浅草線「宝町」駅 A6出口より 徒歩3分

【内容他】
内容: 
1.新任・中堅期保健師の地域アセスメントの実態
(平成28年度事態調査結果より)
2.「継続的地域アセスメントモデル」の提案
3.意見交換
対象: 新任期・中堅期保健師
上記以外の参加を希望する保健師  定員各会場50名
料金: 無料(会場までの交通費は各自ご負担ください)

【研究班】
研究代表者: 塩見美抄(兵庫県立大学)
共同研究者: 吉岡京子(東京医科大学) 牛尾裕子(兵庫県立大学)
田村須賀子(富山大学大学院) 小寺さやか(神戸大学大学院) 井上清美(姫路獨協大学)
嶋澤順子(東京慈恵会医科大学) 山本大祐、竹村和子(兵庫県立大学)

【参加申込み】
下のボタンをクリックし、申込みフォームからお申込みください。
万一フォーム上でのお申込みがうまくいかない場合には、研究代表者・塩見美抄宛にe-mailでご連絡願います。e-mailアドレスは、チラシに記載しております。

ページトップへ